BitZenyとは?概要、特徴や将来性を初心者にも分かりやすくまとめたよ

こんにちは、ぽぴ井です。

散々BitZenyについて紹介しているサイトのくせにBitZenyとはなにかを書いてませんでした(照

思ったより長めの記事になりましたが、まだ暗号通貨に触れたことのない人にもできるだけ分かりやすく書くつもりなのでどうぞお付き合いください。

暗号通貨とは

BitZenyとは暗号通貨なので、まずは暗号通貨について説明したいと思います。

暗号通貨とは電子マネーなどの仮想通貨の一種で、主にブロックチェーンという技術が使われているものをいいます。

また、円などのように集中統制されておらず、ネットワークに参加する人全員で管理するものが主流です。

暗号通貨にはそれぞれ特徴があって、銀行の送金に向いているものや契約を結びやすくするもの、匿名性に特化したものなど様々です。

これまでの通貨にはない機能が備わったバーチャルな通貨と思っていればまあ平気です。

 

 

BitZenyの概要

暗号通貨について軽く理解したところで本題であるBitZenyの概要を簡単に見てみましょう。

  • アルゴリズム Yescrypto
  • 最大発行枚数 2億5000万枚
  • プレマイン なし
  • Block time 90秒
  • 半減期 50万ブロックごと

なるほどよく分かりませんね。一つづつ見てみましょう。

 

アルゴリズム

アルゴリズムとは暗号通貨のシステムのようなものと思ってください。

世界に存在する暗号通貨のほとんどのアルゴリズムは、設備にお金をかけた人が多くのコインを獲得できる仕組みになっています。

CMなどで暗号通貨を知った人からすると、暗号通貨は買うものと思われがちですが、実は暗号通貨のやり取りなどの記録をパソコンを使って助けるとコインが貰えて、これをマイニングと言います。(ここで暗号を使うので暗号通貨というんだと思ってます)

じゃあいちばん有名なBitcoinをマイニングしてみよう!と思っても個人のパソコンではマイニングできなくなってしまいました。お金を払ってたくさんPCのパーツを買って拡張すれば儲かるので電気代の安い海外の企業がたくさん参入してきちゃったんです。

BitZenyのYescryptoは設備にお金をかけた人のほうがマイニングが有利っちゃ有利なのですが、簡単に拡張できないCPUを利用するためできるだけ差が広がりにくいようになっているアルゴリズムです。

お金をかけたマイニング用のPCパーツ等が無くても誰でもマイニングできるのがBitZenyの特徴です。

 

最大発行枚数

暗号通貨のほとんどは通貨なのに発行枚数に限度があります。円とか無限に刷ってるのにね。最大発行枚数を決めることで金(Gold)などと同じように希少性を持たせているんです。

最大発行枚数2億5000万枚と聞いても比較対象がないので分かりにくいですね。

  • Bitcoin 2100万枚 1BTC=170万円くらい 時価総額30兆円
  • Monacoin 1億512万枚 1MONA=1100円くらい 時価総額600億円
  • BitZeny 2億5000万枚 1ZNY=20円くらい 時価総額17億円
  • Ripple 1000億枚 1XRP=400円くらい 時価総額15兆円
  • JPY1円玉換算 472兆5834億枚  1JPY=1円 時価総額472兆5834億円 (マネタリーベース平均残高)

※2018/1/4現在

それぞれの発行枚数にはそれぞれ狙いがありますので発行枚数が多いから良いとか悪いとかはありません。

比較してみるとBitZenyの発行枚数は多くも少なくもなくちょうどいいんだなぁと思っといてください。

 

プレマイン

開発チームなどだけが前もってマイニングできるかという意味です。

中央集権寄りの暗号通貨や企業が絡んでいる暗号通貨などはプレマインのあることが多いです。

開発チームや企業が供給量の多くを前もって持っているためあまり良い印象がありませんが、開発チームが持っている暗号通貨の価値を高めるためにローンチして終わりじゃなくてこれからも開発続けるモチベの為に必要やぞという見方もあります。

BitZenyはプレマインなしなので開発チームだけ大量に保有しているということにはなってません(多分)

 

BlockTime

ブロックチェーンが生成される間隔で、短いほど送金速度が速くなります。

銀行は下手すれば数日掛かるので暗号通貨で比べてみるとBitcoinは10分、MonacoinはBitZenyと同じく90秒、Rippleに関しては確か数秒だったと思います。

めちゃくちゃ速いわけではありません。ちょっと早いくらいです。

 

半減期

半減期とはマイニングによって貰える報酬が半分になる間隔のことです。

一定間隔で供給を少なくしていくことで暗号通貨に価値を付与しています。

BitZenyは50万ブロックごとに半減期が訪れるので90秒×50万=520日で大体1,5年。

同じく90秒のごとにブロックが生成されるMonacoinの半減期は100万ブロックなのでおおよそ倍の3年。

Monacoinの倍の発行枚数ですが、BitZenyは半減期が倍の早さで周期します。

 

またBitZenyの特徴は国産であることです。日本人のコミュニティが活発のため情報収集は簡単にできるでしょう。

よく分からなくても国産でアルゴリズムが優れているんだなと思っていれば多分平気です。

 

 

今後のBitZeny

バージョンアップ

実はいま使われているBitZenyのシステムはテストバージョンみたいなもので新バージョンが誠意開発中です。

現在すでにβテスト段階まで来ていますのでもうそろそろリリースされるかもしれません。

されました

 

新規取引所へ上場

現在3つ(正確には4つ)の取引所に上場していますが、すでにcryptopiaへの新規上場が決まっています。

おそらくバージョンアップ後、安定してからになるものだと思っています。

 

大規模コンテスト開催

ロゴ、音楽、動画のコンテストを開催予定です。

ロゴの最優秀賞はBitZenyの新しいロゴとして正式に採用され、報酬額も多いため話題になるかと思います。

ちなみに本日詳細発表なので発表され次第トップページにバナーを設置します。

こちらです

 

新オフィシャルサイト

古くなっているオフィシャルサイトをリニューアル中です。

分かりやすく書き直し、多国語に対応しているため新規流入が見込めます。

 

行方不明だった開発者が戻る

実はBitZenyを開発した人はずっと行方不明だったのですが、つい先日戻ってきました

それによりバージョンアップや新オフィシャルサイトの作成に拍車がかかりそうです。

また、開発者行方不明だから怪しいといったレッテルもなくなりました。

 

BitZenyが使えるオークションサイトやショップが作成中

BitZenyは今のところあまり使い道のない暗号通貨と言われても仕方がない状態です。

が、現在ぼくが知っているだけでも2つのオークションサイト、1つのショップが作成中となっています。

 

 

BitZenyの入手方法

なんかこれから面白そうだ!欲しいかも!と思ったらいくつか入手方法がありますので紹介します。

 

マイニングをする

1番手っ取り早いですね。めちゃくちゃ低スペックなPCでなければ毎日少しづつでもBitZenyが手に入ります。

どのくらい貰えるんだろうと思ったひとはここからじぶんのPCと同じスペックの物を探してみてください。

大体1kh/sにつき一日1-2枚くらいです。

マイニングについてはこの記事で解説しています。

 

買っちゃう

日本の取引所で取り扱っていないので手軽ではありませんが、マイニングじゃ少ないわアホと思った人は買っちゃうのがいいかもしれません。

日本の取引所で円からMonaを買ってMonaを海外の取引所に送ってZNYに替えるのが一般的です。

こちらの記事で解説していますが、もしも投資をするつもりなら自己責任でお願いしますね。

 

何か貢献する

ぼくはこれが1番おすすめです。自分が得意なこと、何か新しいサービスを作る、ブログでBitZenyを布教する、イラストやグッズ作成などやってみましょう。

何か作ったらTwitterで#Bitzenyのタグをつけて呟いたりフォーラムで報告してみましょう。

 

 

どんなサービスがあるの

良い質問です。実はこのサイトはBitZenyのサービスやニュースなどをまとめているサイトなのです。

なのでトップページにいけばどんなサービスがあるのか、いまどんなことが話題になっているのかが分かります!(露骨な宣伝)

随時更新しているのでブックマーク推奨です!

トップページはこちら

 

 

BitZenyをどうすべきか

ここからは個人的な意見ですので閉じていただいても結構です。投資目的であってもBitZenyのコミュニティには属するべきだと思います。

とりあえずTwitterを解説して何人かフォローしてみたり、フォーラムに顔を出してたまに発言したり、なげせんchで書き込みを楽しんだり、BitZenyについて話し合ったり、新しいサービスを誰かと立ち上げてみたり、企画を考えてみたりなどしてみてください。

特に学生は時間もあるので、新しいことにチャレンジできるチャンスです。

サービス等を立ち上げた実績ができる上に、そのサービス公開で投げ銭を貰えるなんて、学費をもらいながら学校に通えるようなものです。

適当に買ってちょっと上がったら(下がったら)売るのではなく、長期で持ってBitZenyの質を上げていけば結構な額になります(たぶんね)。

なんだかネズミ講みたいな説明になってますね。

とりあえずTwitter始めたらとりあえずぼくがフォローしてる人をフォローすればいいと思います。もしもサービスを作ったら宣伝するので連絡してくださいね!

 

下手な説明に最後まで付き合ってくれてありがとうございました。この記事でBitZenyに興味を持ってくれたら幸いです!

 

 

 

BitZeny Portal トップページはこちら